お土産GPに「カップくず餅」 JR東管内の商品から投票

 「元祖くず餅 カップくず餅」(JR東日本提供)

 JR東日本は2日、管内の1都16県からエントリーされた124種類のお土産で一番贈りたい商品を投票するおみやげグランプリを発表した。最も多くの票を集めた総合グランプリは「元祖くず餅 カップくず餅」(東京都)となった。準グランプリは「桔梗信玄生プリン」(山梨県)が続いた。

 管内の駅や駅ビルで売られているお菓子や雑貨などが対象で、ウェブサイトからの投票で決定。得票総数は3万0541票だった。カップくず餅は亀戸駅の駅ビルなどで販売されている。

 特別賞も発表し「きぬのまゆ玉 贅沢抹茶」(茨城県)、「蔵醍醐 クリームチーズのみそ漬」(福島県)が選出された。

共同通信社 2018年8月2日 無断転載禁止