青森ねぶた祭開幕 武者灯籠、夏の夜彩る

 「青森ねぶた祭」が開幕し、次々と行進する極彩色のねぶた=2日夜、青森市

 色鮮やかな武者灯籠に明かりがともり、夏の夜を彩る「青森ねぶた祭」が2日、青森市で開幕した。太鼓や笛の音に合わせ、「ハネト」と呼ばれる踊り手たちが乱舞する中、巨大なねぶたが次々と行進し、詰め掛けた観客を魅了した。

 午後7時すぎ、ねぶたがゆっくりと動きだすと、ハネトが「ラッセラー、ラッセラー」と威勢良く踊り始めた。大型ねぶたは高さ約5メートル、重さ約4トンにもなり、約30人の引き手が力を合わせて回転させると、沿道からは大きな拍手と歓声が上がった。

 東北の代表的な夏祭りで、実行委員会は7日までの期間中、280万人以上の人出を見込んでいる。

共同通信社 2018年8月2日 無断転載禁止