サッカー本田が現役続行表明 OA枠で「東京五輪目指す」

 本田圭佑

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会代表のMF本田圭佑(32)が2日、インターネットテレビ局の番組で「2年後の東京五輪を目指して現役を続ける」と語り、2020年東京五輪に24歳以上のオーバーエージ(OA)枠で出場する目標を明らかにした。

 本田はロシア大会敗退後「これが僕自身にとって最後のW杯になる」とフル代表から退く意向を示し、現役を続けるかどうかも明言を避けた。新たな目標に向け、交渉が伝えられているオーストラリアのメルボルン・ビクトリー入りについては、条件面で折り合えば「数日以内に決定という発表ができるかと思う」とした。

共同通信社 2018年8月2日 無断転載禁止