盗作でないと韓国地裁 マジンガー似のキャラ

 2007年、韓国・ソウルに登場した「ロボット・テコンV」の模型(聯合=共同)

 【ソウル共同】日本のアニメキャラクター「マジンガーZ」のデザインを盗んだとの悪評があった韓国のキャラ「ロボット・テコンV」について、ソウル中央地裁は3日までに「模倣ではなく独立した著作物」との判断を出した。韓国メディアが伝えた。

 テコンVの著作権を管理する会社が、テコンVに似た玩具を製造販売した別の業者を相手に著作権侵害を理由に損害賠償を求めた訴訟で、被告が主張した「テコンV自体がマジンガーZなどを模倣した」とのパクリ説を地裁が退け、4千万ウォン(約400万円)の賠償を命じた。地裁は、テコンVはマジンガーZとは「外見上、明らかな違いが見られる」とした。

共同通信社 2018年8月3日 無断転載禁止