甲子園、現役プロの応援映像放映 大型ビジョン、母校ユニホーム姿

 日本プロ野球選手会は3日、甲子園球場で5日に開幕する第100回全国高校野球選手権大会の期間中、球場の大型ビジョンで現役プロ57選手が母校のユニホームを着て撮影した応援メッセージを放映すると発表した。

 各選手の出身高校が所在する都道府県代表チームの試合前に約15秒間の映像を流す。青森・光星学院高(現八戸学院光星高)出身の巨人の坂本勇人内野手、岩手・花巻東高出身の西武の菊池雄星投手、大阪桐蔭高出身の日本ハムの中田翔内野手、広島商高出身のソフトバンクの柳田悠岐外野手らが参加する。

 選手会の公式会員制交流サイト(SNS)でも5日から配信する。

共同通信社 2018年8月3日 無断転載禁止