鳥取・青谷上寺地遺跡 出土人骨 DNA解析 県埋蔵文化財センター

 鳥取県埋蔵文化財センター(鳥取市国府町)が、鳥取市青谷町青谷の国史跡・青谷上寺地遺跡から出土した弥生時代後期(2世紀後半~3世紀)の人骨のDNA解析を始めた。全国でも珍しい同時代のまとまった人骨を、国立科学博物館(東京都台東区)、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)と共に、最新技術で解析。弥生人の目や髪などの身体的特徴や暮らしぶりなどが分かると期待される。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月4日 無断転載禁止