夏の甲子園、開会式リハーサル 第100回、最多の56代表校

 第100回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルで一斉行進する各校ナイン=4日、甲子園球場

 第100回全国高校野球選手権大会の開幕前日の4日、開会式リハーサルが甲子園球場で行われ、雲一つない青空の下、史上最多の56代表校の選手らが入場行進の練習をした。

 昨年優勝の花咲徳栄(北埼玉)を先頭に、興南(沖縄)から旭川大高(北北海道)まで56代表校が南から北の順で行進した。1915年の第1回大会から一度も欠場せずに地方大会に出場している皆勤15校の主将も参加。「ありがとう これからも」の大会メッセージと、キャッチフレーズの「本気の夏、100回目。」の横断幕を掲げて聖地の土を踏みしめた。

 近江(滋賀)の中尾雄斗主将は選手宣誓の練習を行った。

共同通信社 2018年8月4日 無断転載禁止