児童学習発表 津和野百景図から歴史深掘り

津和野百景図について調べた結果を発表する(左から)池淵華さんと藤村晃大君
 幕末の津和野藩の風景などを描いた「津和野百景図」を題材にした児童の学習発表が4日、島根県津和野町後田の町日本遺産センターであった。いずれも津和野小学校5年の池淵華さん(10)と藤村晃大君(10)が、地元の神社の大杉やアユについて調べ、地域の歴史への理解を深めた成果を報告した。

 2人は調べた内容を模造紙に文章や写真でまとめ、1人7分程度で発表した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月5日 無断転載禁止