菅氏、サマータイムに否定的見解 東京五輪で暑さ対策

 記者会見する菅官房長官=6日午前、首相官邸

 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策のため、国全体で時計の針を1~2時間進めるサマータイム(夏時間)制度を導入する案に重ねて否定的見解を示した。「国民の日常生活に影響が生じ、大会までの期間が2年と限られている」と述べた。

 暑さ対策として、競技開始時間の前倒しをするほか、沿道の緑化などの取り組みを進める考えを表明し「ハード、ソフトの面から総合的な対策を取る」と語った。

共同通信社 2018年8月6日 無断転載禁止