新潟知事、原発事故検証で協力を 経産相に要望

 原発の安全性検証作業への協力などについて、世耕経産相(右手前)に要望する新潟県の花角英世知事(左)=6日午後、経産省

 東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働を巡り、同原発が立地する新潟県の花角英世知事は6日、経済産業省で世耕弘成経産相と会談し「県独自で行っている原発の安全性検証作業に協力してほしい」と要望した。花角氏は会談後、報道陣の取材に「県民の原発への不安感を伝え、検証作業や避難計画で協力の確約をもらえた」と話した。

 花角氏は会談で、東電が原発事故を想定した対応訓練で情報共有などに問題があり、原子力規制委員会から低い評価を下された点にも触れた。「県民の間には東電に不信感がある。国からも指導してほしい」と述べ、世耕氏は「社長を先頭に結果を出すよう指示した」と応じた。

共同通信社 2018年8月6日 無断転載禁止