阪神の岩貞、巨人戦へ「冷静に」 前回の中日戦は五回持たずKO

 7日の巨人戦(東京ドーム)に先発予定の阪神の岩貞が6日、甲子園球場に隣接する室内練習場で調整した。前回7月31日の中日戦では、五回を持たず4失点でKOされており「要所で球が甘くいったりした。冷静に投げていきたい」と気を引き締めた。

 ここ9試合続けて先発陣が六回を投げ切れておらず、救援陣の負担が増している。香田投手コーチは「リリーフの人たちの登板も重なっている。先発の奮起というか、期待している」と話した。

共同通信社 2018年8月6日 無断転載禁止