マハティール首相が来日 福岡で講演、大分も訪問

 福岡空港に到着したマレーシアのマハティール首相=6日午後

 マレーシアのマハティール首相(92)が6日、福岡空港に到着した。9日までの滞在中、福岡、大分両県で高校生らへの講演や大学訪問などを予定する。5月に首相に返り咲いた後、6月の東京訪問に続く2度目の来日で「特に教育、技術、運輸の分野での2国間協力強化」(マレーシア政府)が目的という。

 7日は福岡県宗像市で開催中の「日本の次世代リーダー養成塾」で講演するほか、北九州市のJR九州の安全運行に関する研修施設を視察。9日は大分県別府市の立命館アジア太平洋大学(APU)で名誉博士号の授与を受ける。

共同通信社 2018年8月6日 無断転載禁止