近江、高岡商など2回戦進出 全国高校野球選手権第3日

 智弁和歌山―近江 5回表、本塁打を放ちガッツポーズする近江・山田=甲子園 佐賀商―高岡商 5回裏、先制本塁打を放ちガッツポーズする高岡商・井林=甲子園 近大付を完封した前橋育英・恩田=甲子園

 第100回全国高校野球選手権大会第3日は7日、甲子園球場で1回戦が行われ、近江(滋賀)が今春の選抜大会準優勝の智弁和歌山を7―3で下して、2回戦に進んだ。前橋育英(群馬)高岡商(富山)常葉大菊川(静岡)も2回戦進出。

 近江は四回に北村の2点本塁打で追い付き、五回に山田のソロ本塁打で勝ち越し。八回に北村の2ランなどで3点を加えた。

 前橋育英は恩田が6安打完封し、近大付(南大阪)に2―0で快勝。高岡商は佐賀商を4―1で下した。常葉大菊川は益田東(島根)に8―7で競り勝った。

共同通信社 2018年8月7日 無断転載禁止