自衛官の採用年齢、上限32歳に 10月から6歳引き上げ

 2016年、南スーダンPKO派遣の壮行会で整列した陸上自衛隊員=青森市

 防衛省は、自衛官の採用年齢の上限を現行の26歳から32歳に6歳引き上げる方針を固めた。政府関係者が7日、明らかにした。自衛隊法施行規則を改正し、10月からの実施を目指す。今週中にも省令改正のためのパブリックコメント(意見公募)を開始する見通し。

 引き上げが実現すれば、1990年以来28年ぶり。少子化に加え、景気回復などの影響から、自衛官の応募者数が減少傾向にあることが背景にある。

 引き上げの対象は自衛隊の主力隊員になる「自衛官候補生」と、「一般曹候補生」。現行の採用年齢は「18歳以上27歳未満」で26歳が上限となっている。

共同通信社 2018年8月7日 無断転載禁止