液体ミルク、製造・販売可能に 国が規格基準を策定

 海外で売られている液体ミルク

 加藤勝信厚生労働相は7日の記者会見で、乳児用液体ミルクの製造、販売を可能にする規格基準を定めた省令が8日に施行されると明らかにした。基準がないために流通していなかったが、今後は企業が商品化できるようになる。

 加藤氏は「調乳せずにそのまま飲めるため災害時にも有用だ。一日も早く流通するよう、事業者の積極的な取り組みを期待したい」と話した。製造ラインの調整など企業側の準備が必要なため、実際に流通するまでには時間がかかりそうだ。

 液体ミルクは海外で広く利用されている。政府は2016年の熊本地震をきっかけに国内での流通に向け検討してきた。

共同通信社 2018年8月7日 無断転載禁止