智弁和歌山3―7近江 近江3本塁打で快勝

 智弁和歌山―近江 4回表近江1死二塁、北村が左中間に2ランを放つ=甲子園

 近江が3本塁打で快勝。2点を追う四回は北村の2点本塁打で同点とし、五回は山田のソロ本塁打で勝ち越した。八回は北村の2本目の2ランなどで3点を加えた。4投手のリレーも決まった。2番手の左腕・林、直球主体の3番手の佐合の好投が際立った。

 二回に2点先取した智弁和歌山は、粗い打撃で10三振を喫した。九回に1点返しただけだった。

共同通信社 2018年8月7日 無断転載禁止