夏の甲子園 益田東、初戦へ軽快な動き

シートノックを受ける益田東のエース和田晃成(中央)=兵庫県尼崎市、ベイコム野球場
 益田東ナインは6日、兵庫県尼崎市の球場で最終調整した。初戦を控え、正午から約2時間半、2カ所での打撃練習やシートノック、投内連係に汗を流し、普段通りの軽快な動きを見せた。

 エースの和田晃成は捕手を座らせ、調子良さそうに直球や変化球を35球投げ込んだ。「早く試合がしたい。2年半練習してきたことを甲子園でぶつける」と力強く話した。

 打撃練習では各打者が、緩い球をしっかり引きつけて打ち返した。

2018年8月7日 無断転載禁止