全国の医学部入試で女性差別調査 野田担当相が意向

 京都市内で講演する野田女性活躍相=7日午後

 野田聖子女性活躍担当相は7日、京都市で講演し、東京医科大の不正入試問題を受け、医学部がある全国の大学を対象に女性差別がないかの実態調査をする考えを示した。「全ての、医学部を持っている方たちに、アンケートなどで実情を調べないといけない」と述べた。実施に向け、林芳正文部科学相とも協議する方針だ。

 東京医科大は結婚や出産を機に離職する女性医師が多いとして、女子受験生らの合格を抑制するための得点操作を行っていたとされる。野田氏は「女性医師が病院で勤務するのは問題が生じて困るという思いが医大で共通化しているとすれば、極めてゆゆしきことだ」と強調した。

共同通信社 2018年8月7日 無断転載禁止