益田東 初戦敗退 夏の高校野球

試合終了後、スタンドの応援団へのあいさつを終えてベンチに戻る益田東の選手たち=兵庫県西宮市、甲子園球場
 第100回全国高校野球選手権記念大会第3日は7日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦4試合があり、18年ぶり4度目の出場となる島根代表の益田東が7-8で静岡代表の常葉大菊川に惜敗し、初勝利を逃した。島根県勢は6年連続で初戦敗退となった。

 先制しながら直後に逆転を許した益田東は六、七回、中軸の集中打で最大5点差をひっくり返した。藤本涼太、首藤舜己の二遊間を中心にエース和田晃成を堅守で支えたが、八回に長打と盗塁などで再逆転を許し、力尽きた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月8日 無断転載禁止