夏の甲子園 益田東乱打戦 あと一歩

【益田東―常葉大菊川】7回表益田東1死三塁、佐野真太郎が中前に適時打を放つ。投手榛村=甲子園
 第100回全国高校野球選手権記念大会第3日は7日、甲子園球場で1回戦4試合があり、島根代表の益田東が7―8で静岡代表の常葉大菊川に敗れ、全国初勝利を逃した。

 益田東は三回に先制するも、直後に相手の長打攻勢で逆転を許した。中盤以降、自慢の集中打を見せて七回に逆転したが、八回に2点を奪われて再逆転を許し、逃げ切られた。

 このほか、近江(滋賀)前橋育英(群馬)高岡商(富山)も2回戦に進んだ。

 近江は四回に北村の2点本塁打で追い付き、五回に山田のソロ本塁打で勝ち越し。八回に北村の2ランなどで3点を加え、今春の選抜大会準優勝の智弁和歌山を7―3で下した。前橋育英は恩田が6安打完封し、近大付(南大阪)に2―0で快勝。高岡商は佐賀商を4―1で下した。

最大5点差 一時逆転

 【評】中盤以降に打線が機能した益田東は最大5点差を逆転したが、勝利が近づいた最終盤、ノーサインで盗塁する常葉大菊川の機動力に屈した。

 益田東は三回、1死一、二塁から首藤の左前打で先制。5点を追う五回には中山の三塁打と荻野の内野ゴロで1点を返した。六回に稲林、佐野らの4連打で2点、七回には3連続長短打で3点を挙げて逆転した。強打の相手を上回る13安打の攻撃力が光った。

 エース和田は力投したが、フルスイングする各打者に甘く入った直球を狙われた。三回には4連続長短打で4点を失い、四回は警戒する1番打者に低めの速球をバックスクリーンに運ばれた。八回には二塁打で追いつかれ、三盗で内野守備が乱れて勝ち越された。

2018年8月8日 無断転載禁止