菅氏、基地負担軽減に全力 「翁長氏の思い受け止め」

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、沖縄県の翁長雄志知事の死去について「突然の訃報に大変驚いた。謹んでお悔やみ申し上げる」と述べた。その上で「翁長氏の沖縄にかける思いをしっかりと受け止め、できることは全て目に見える形で実現するという強い思いの下に、全力で基地負担軽減に取り組んでいきたい」と強調した。

 河野太郎外相は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る翁長氏と政府の対立を念頭に「立場の違いはあったが、真摯に意見交換することができた。惜しい人を亡くした」と述べた。訪問先の長崎市で記者団の質問に答えた。

共同通信社 2018年8月9日 無断転載禁止