出雲のスタジオ 大量の浸水写真洗浄 本業生かし被災者支援

洗浄した写真を乾かす崎野裕さん(手前中央)
 島根県出雲市内のフォトスタジオが、西日本豪雨被害で汚れた写真の洗浄ボランティア活動に取り組んでいる。県内でも江津市や川本町、美郷町で床上浸水の被害があった。「汚れた写真でも捨てずに、まずは相談してほしい」と呼び掛けている。

 取り組むのは出雲市塩冶神前6丁目の「スタジオナウ」。チーフカメラマンの崎野裕さん(30)が、7月下旬に岡山市であった写真館経営者団体中国大会に参加し、岡山県笠岡市の柳生写真館が洗浄活動に取り組んでいるのを知り、協力を申し出た。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月9日 無断転載禁止