眞子さま鳥取県入り 9日1300年祭式典出席

企画展「大山山麓の至宝」で、重要文化財の「太刀 銘 安綱」を観賞される眞子さま(左)=8日午後2時5分ごろ、米子市中町、米子市美術館
 秋篠宮家の長女眞子さまが8日、大山開山1300年祭記念式典出席のため鳥取県入りされた。米子市中町の市美術館で関連の企画展を観覧し、伯耆町内のホテルで交流レセプションに臨み、県民と触れ合った。

 来県は2016年10月に米子市内で開かれた「障がい者アートフェスタ」出席以来2度目。午前、境港市佐斐神町の米子空港に到着し、出迎えた県民約30人に手を振って応じた。倉吉市米田町の会社員、平松将行さん(40)は「眞子さまに会いに来た。とてもかわいかった」と話した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月9日 無断転載禁止