花巻東2―4下関国際 下関国際が延長戦制す

 花巻東―下関国際 10回表、決勝打を放ちガッツポーズの下関国際・川上(右)=甲子園

 下関国際が延長戦を制した。九回に追い付き、延長十回1死一、三塁から川上の左前打で1点を勝ち越し。さらに吉村の適時打で1点を加えた。鶴田は140キロの真っすぐに、鋭い変化球を織り交ぜて9奪三振。8安打を許したが、2失点完投した。

 花巻東は2度のリードを守り切れなかった。最後は伊藤が甘く入った球を打たれた。

共同通信社 2018年8月9日 無断転載禁止