沖縄知事選、与野党が調整急ぐ 辺野古撤回へ聴聞

 死去した翁長雄志沖縄県知事の自宅を訪れる弔問客=9日午前、那覇市

 沖縄県の翁長雄志知事の死去を受け、与野党は9月中に前倒しして実施される見込みの知事選に向け、調整を急ぐ。知事選は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が争点となる見通しだ。県は翁長氏が決めた辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回に向けた手続きを継続する方針で、9日午後には防衛省沖縄防衛局から弁明を聞くための聴聞を実施する。

 菅義偉官房長官は移設に関し記者会見で「日米同盟の抑止力維持、普天間飛行場の危険除去を考えたときに、唯一の解決策であることに変わりはない」と重ねて強調した。

共同通信社 2018年8月9日 無断転載禁止