月刊冊子「こうふのたより」 地域情報充実 ファン拡大

イベント情報や話題を載せている「こうふのたより」と上野真事務局長(右)ら編集スタッフ
 鳥取県江府町のイベント情報や話題を集めた月刊冊子「こうふのたより」が住民に喜ばれている。高齢者らが地域情報を求めているのを知って住民有志が発案し昨年6月に創刊。発行部数200部と多くはないが、連載記事を充実させ「町の宝」見学会など読者参加イベントも展開し、好評を得ている。今春にNPO法人を設立して活動を引き継ぎ「末永く愛される冊子に」と意欲を新たにしている。

 NPO法人こうふのたより(中川久美子理事長)によると、食料品の移動販売を手掛けるメンバーが発案した。注文品の配達時に、会話をするのを楽しみにする高齢者がいることから「高齢者が地域情報を求めている」とみて、地域おこし協力隊員らに呼び掛けたのが始まりだ。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月10日 無断転載禁止