微小物質使い難病腸炎改善 阪大がマウスで実験、新薬に道

 腸炎マウスの腸管(左)とマイクロRNAを投与した後の腸管(大阪大提供)

 慢性の炎症や潰瘍により下痢、腹痛に悩まされる炎症性腸疾患(IBD)を、マイクロRNAという微小物質を投与して改善することにマウスを使った実験で成功したと、大阪大の山本浩文教授(消化器外科学)のチームが10日、発表した。新薬開発につながる可能性があるという。

 IBDの代表的な疾患は、いずれも難病指定されているクローン病と潰瘍性大腸炎で、詳細な原因や発症メカニズムは分かっていない。

 マイクロRNAは細胞内から分泌され、さまざまな生体機能を調節している。チームは炎症の原因物質の生成を抑制できるものを、炎症を引き起こす司令塔役の免疫細胞内に入れようと考えた。

共同通信社 2018年8月10日 無断転載禁止