将棋、女流の里見が4連勝ならず 男性棋士に、最多タイでストップ

 里見香奈四冠

 将棋のプロ公式戦、第4期叡王戦予選は11日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、女流の第一人者、里見香奈四冠(26)が井出隼平四段(27)に敗れ、男性棋士への連勝は最多タイの「3」でストップ、新記録はならなかった。

 日本将棋連盟によると、プロ公式戦で女流棋士が男性棋士(四段以上)に続けて勝った1位記録は2009年、石橋幸緒さん(引退)の3連勝。里見四冠は6月に棋聖戦で村田智弘六段(37)を下し、今月8日の朝日杯で増田裕司六段(47)、福崎文吾九段(58)を連破して石橋さんに並んでいた。

共同通信社 2018年8月11日 無断転載禁止