いぶき2号、本年度中に打ち上げ 温室ガス観測衛星、JAXA

 本年度の打ち上げが予定される温室効果ガス観測技術衛星「いぶき2号」=11日午後、茨城県つくば市

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき2号」を報道陣に公開した。主な試験は終わっていて、本年度中に、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケットで打ち上げる計画だ。

 いぶき2号は、2009年に打ち上げた「いぶき」の後継機。左右の太陽電池パネルが翼のように広がると16・5メートルになる。高度613キロの軌道上から、地球全域の二酸化炭素(CO2)やメタンの濃度などを定期的に観測。いぶきよりも高精度になっているという。

共同通信社 2018年8月11日 無断転載禁止