サッカー、植田が移籍後初出場 ベルギー1部リーグ

 スタンダール戦の前半、攻め込むセルクル・ブリュージュの植田(右)=リエージュ(共同) ロケレン戦の前半、攻め込むシントトロイデンの遠藤=シントトロイデン(共同)

 【シントトロイデン(ベルギー)共同】サッカーのベルギー1部リーグは11日、各地で行われ、J1鹿島からセルクル・ブリュージュに加入した植田直通がアウェーのスタンダール戦でデビューし、フル出場した。試合は0―0で引き分けた。シントトロイデンの遠藤航と冨安健洋は1―1で引き分けたホームのロケレン戦にフル出場。関根貴大は出番がなかった。

 オイペンの豊川雄太は0―4で大敗した敵地でのワーレゲム戦にフル出場した。

共同通信社 2018年8月12日 無断転載禁止