済美、二松学などが3回戦へ 全国高校野球選手権第8日

 星稜―済美 タイブレークの13回裏済美無死、矢野が右翼ポール直撃の逆転サヨナラ満塁本塁打を放つ。捕手山瀬=甲子園 二松学舎大付―広陵 7回裏二松学舎大付1死二、三塁、右田が右前に勝ち越しの2点打を放つ。投手森悠、捕手鉤流=甲子園 慶応に快勝し、応援席へ駆けだす高知商ナイン=甲子園

 第100回全国高校野球選手権大会第8日は12日、甲子園球場で2回戦が行われ、済美(愛媛)が星稜(石川)に延長十三回タイブレークの末、13―11で逆転サヨナラ勝ちして3回戦に進んだ。二松学舎大付(東東京)浦和学院(南埼玉)、高知商も3回戦に進出。

 済美と星稜は、9―9で延長へ。9―11の十三回に済美の矢野が大会史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打を放った。

 二松学舎大付は、昨夏準優勝の広陵(広島)に5―2で競り勝った。

 浦和学院は12安打を放ち、仙台育英(宮城)に9―0で快勝。

 高知商は二回に7点を奪い、慶応(北神奈川)を12―6で下した。

共同通信社 2018年8月12日 無断転載禁止