大手コマツの相談役 坂根正弘奨学金 大学生2人認定

坂根正弘氏(中央)と握手を交わす山本萌未さん(左)と上部岳洋さん
 島根県浜田市出身で建設機械製造大手コマツ(東京都)相談役の坂根正弘氏(77)の寄付を財源にした「浜田市坂根正弘奨学金」の5期目の支給対象者に、いずれも浜田高校出身で東京大1年の山本萌未さん(19)と九州大1年の上部岳洋さん(19)が決まった。同市黒川町の石央文化ホールで11日、2人が認定通知書を受け取った。

 2人は書類審査や小論文、面接で選ばれた。通知書の交付式に出席した坂根氏が「入試まで大変な努力をしたと思うが、今後は将来に向けて自分の強みをしっかりと磨いてほしい」と激励。山本さんは「興味ある専門分野を見つけて精進したい」と述べ、上部さんも「部活動との両立も含め、4年間しっかりと取り組んでいきたい」と意気込みを語った。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月13日 無断転載禁止