「山の日フェス」 復興への願い込め三瓶から元気発信

三瓶山を背に、キャンプ場をイメージしたブース見学を楽しむ来場者
 「山の日」の11日、島根県西部を震源とする最大震度5強の地震からの復興を願う野外イベント「山の日フェス」が大田市三瓶町の三瓶山西の原で開かれた。バーベキュー講座やアウトドアカー試乗、スポーツ体験など多彩な企画や、被災地へのメッセージを込めた風鈴づくりがあり、訪れた家族連れらが、楽しみながら震災復興への思いを新たにした。

 4月の地震で家屋を中心に大きな被害が出た大田市で、シンボルである三瓶山から地元の元気を発信しようと市が開いた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月13日 無断転載禁止