鳥取城北、初戦サヨナラ負け 夏の高校野球

試合終了後、応援団へのあいさつに向かう鳥取城北ナイン=兵庫県西宮市、甲子園球場
 第100回全国高校野球選手権記念大会第7日が11日、兵庫県西宮市の甲子園球場であり、鳥取代表の鳥取城北が京都代表の龍谷大平安に2-3でサヨナラ負けした。鳥取県勢は4年連続で初戦敗退となった。

 序盤、相手投手の140キロ台の直球と切れのあるスライダーに苦しんだ鳥取城北は八回、ストライクを積極的に狙い打って2点を奪い、同点に追いついた。エース難波海斗は中盤から直球がさえ、粘り強く投げたが、九回2死三塁から左前打を浴びた。

2018年8月13日 無断転載禁止