幼児誌付録の電池に異常 講談社、使用自粛呼び掛け

 講談社は13日、幼児向け月刊誌「おともだち」9月号(8月1日発売)の付録「おしゃべりフライパン」について、読者から電池異常の連絡があったと明らかにし、付録の使用自粛を呼び掛けている。同社は異常の詳細な内容と原因を調査中で、健康被害の情報は入っていないという。

 講談社によると、付録は、ボタンを押すとアニメの声優の声がして、料理の疑似体験ができるフライパン形のおもちゃで、ボタン電池1個が入っている。同社は「読者ならびに保護者のみなさまにおわび申し上げます」とコメントした。

共同通信社 2018年8月13日 無断転載禁止