ダル、2度目の実戦形式登板 3回想定し55球、安打性は2本

 実戦形式で投球練習するカブスのダルビッシュ=シカゴ(共同)

 【シカゴ共同】米大リーグ、カブスで右上腕三頭筋の腱炎などのため故障者リスト(DL)に入っているダルビッシュ有投手が14日、本拠地シカゴで2度目の実戦形式の登板に臨み、3回を想定して55球を投げた。

 本塁打を許したものの、安打性の当たりは2本だけで、表情は明るかった。武器のスライダーやカーブなど変化球を思い切りよく投げ、声を上げる場面も。取材対応はなかったが、マドン監督は「実戦で投げているかのように集中していた」と満足感を示した。

共同通信社 2018年8月15日 無断転載禁止