クルーズ船客 周遊性向上へ 境港でAI使いタクシー運行

実証事業で乗り合いタクシーを利用するクルーズ船の乗船客=鳥取県境港市大正町、JR境港駅前
 境港(鳥取県境港市)に寄港する大型クルーズ船の乗船客の地元観光地や商業施設への周遊性を高め、地元での消費喚起につなげようと、山陰インバウンド機構(米子市末広町)などが人工知能(AI)を使った乗り合いタクシーの運行を目指している。効率的な配車やルート設定に加え、登録後の1日乗り放題で、料金も割安となるサービスの提供に向け、実証事業を重ねる。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月15日 無断転載禁止