7月の訪日客283万人、観光庁 地震や豪雨で伸び鈍化か

 扇子で日差しを避けながら東京・浅草を歩く外国人観光客。奥は東京スカイツリー=7月

 観光庁は15日、7月に日本を訪れた外国人旅行者は推計283万2千人で、7月としては過去最多だったと発表した。ただ前年同月比は5・6%増にとどまり、今年2月以降初めて伸び率が2桁を下回った。観光庁は、大阪府北部地震や西日本豪雨の影響で、韓国や香港で訪日旅行を控える人が多かったとみている。

 国・地域別ではトップが中国で、12・6%増の87万9100人。韓国が5・6%減の60万8千人、台湾が3・1%増の46万500人、香港が3・3%減の22万6800人と続いた。

 今年1~7月の累計は13・9%増の1873万900人となった。

共同通信社 2018年8月15日 無断転載禁止