山根氏、関西連盟などの役員辞任 ボクシング問題で

 山根明氏

 日本ボクシング連盟は15日、不正疑惑で会長と理事を辞任した山根明氏が関西連盟と奈良県連盟の役員、会員も退くことを公式ホームページで発表した。同日に大阪市内で山根氏と会った吉森照夫専務理事が、本人から確認したという。

 ホームページによると、過去の反社会勢力との交際を認めている山根氏は約1時間の面談で、8日に日本連盟会長の辞任を表明した際に関西、奈良県各連盟を含め、ボクシング連盟への関与を全て断つ意思を固めており、その旨を吉森専務理事に伝えた。一連の騒動で、選手や保護者らに不安を与えたことに謝意を示した。

共同通信社 2018年8月15日 無断転載禁止