甲子園、安仁屋宗八さんが始球式 62年夏に出場、沖縄県出身

 始球式を務めた安仁屋宗八さん=甲子園

 兵庫県西宮市の甲子園球場で開催されている第100回全国高校野球選手権大会で15日、沖縄県出身の元プロ野球選手で、広島などで通算119勝を挙げた安仁屋宗八さん(73)が始球式を務めた。「終戦の日に始球式をさせてもらえることは、人生の幸せの一ページ。二度と戦争はやってほしくない」と訴えた。

 安仁屋さんは1962年夏に沖縄(現沖縄尚学)のエースとして甲子園に出場。当時は米統治下で、本土に渡るのにはパスポートが必要だったことなどを述懐しながら「甲子園の『こ』の字も考えたことがなかった。甲子園に出させてもらったおかげで今がある。感謝しています」としみじみ話した。

共同通信社 2018年8月15日 無断転載禁止