山陰各地でも追悼 終戦の日慰霊祭や記念祭

戦没者の冥福を祈り、黙とうする参列者=松江市殿町、松江護国神社
 終戦の日の15日、山陰両県の護国神社で戦没者を追悼する慰霊祭や記念祭があった。戦後73年を迎えて戦争を直接知る人が少なくなる中、参列した遺族らが戦没者の冥福を祈り、恒久平和を願った。

 松江護国神社(松江市殿町)の記念祭には、戦没者遺族や自衛隊関係者ら29人が参列。祝詞や玉串をささげた後、天皇陛下が参列された東京都での全国戦没者追悼式に合わせて正午から1分間、黙とうした。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月16日 無断転載禁止