ソフトB内川、今季2度目の離脱 「疲労性の体調不良」

 ソフトバンクの内川聖一内野手

 ソフトバンクの内川聖一内野手が16日、出場選手登録を外れた。工藤監督は「疲労性の体調不良。当分は回復させる時間をつくりたい」と神妙な面持ちだった。15日の楽天戦を欠場し、試合前の打撃練習もしていなかった。36歳の主将は今季2度目の離脱となった。

 通算2千安打を達成した今季は71試合に出場し、打率2割4分2厘、8本塁打、30打点。5月17日に左足打撲と右膝痛で登録を外れ、6月16日の1軍復帰後も思うように調子が上がらなかった。

共同通信社 2018年8月16日 無断転載禁止