ボクシング、岩佐は防衛失敗 IBF、Sバンタム級

 11回、TJ・ドヘニーのパンチで顔がゆがむ岩佐亮佑=後楽園ホール

 国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦が16日、東京・後楽園ホールで行われ、王者の岩佐亮佑(セレス)は挑戦者で同級1位のTJ・ドヘニー(アイルランド)に0―3の判定で敗れ、2度目の防衛に失敗した。

 28歳の岩佐は手数が少なく劣勢を強いられた。終盤に攻めに出たが反撃が遅かった。31歳のドヘニーは初の世界挑戦で王座獲得。岩佐は28戦25勝(16KO)3敗、ドヘニーは20戦全勝(14KO)となった。

共同通信社 2018年8月16日 無断転載禁止