全米で追悼ムード広がる 「歌姫」の功績たたえる

 ブッシュ米大統領(当時)から「大統領自由勲章」を受章するアレサ・フランクリンさん=2005年11月、ワシントン 16日、米ロサンゼルス・ハリウッドにある「ウオーク・オブ・フェーム(名声の歩道)」で、多くの花が置かれたフランクリンさんの星形プレート(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス、ワシントン共同】米音楽界を代表する「歌姫」アレサ・フランクリンさんの死去を巡り、各界著名人から16日、冥福を祈るメッセージが相次ぎ発表され全米で追悼ムードが広がった。米メディアは生前のライブ映像などを繰り返し放送し功績をたたえた。

 トランプ大統領はツイッターで「ソウルの女王が亡くなった。神様から素晴らしい贈り物の声を授かった偉大な女性だ。寂しい限りだ」と投稿。オバマ前大統領夫妻も、黒人や女性の権利向上に寄与した功績を踏まえ「彼女の声に私たちは歴史を感じる」と声明を出した。

共同通信社 2018年8月17日 無断転載禁止