ボクシング、9月8日臨時総会へ 不正疑惑の連盟

 不正疑惑のため山根明前会長が辞任した日本ボクシング連盟が新理事の選出などに向け、9月8日に臨時総会開催を最終調整していることが17日、関係者の話で分かった。一連の混乱による責任を取り、現職の理事全員が退任する意向を固めているという。新会長は20人以上30人以内で構成される新たな理事によって選ばれる。

 経理面や審判の判定問題などの不正疑惑を告発した「日本ボクシングを再興する会」は、新理事らの人事案を検討している。新体制発足に向け、日本連盟側は再興する会との協調路線を模索している。

共同通信社 2018年8月17日 無断転載禁止