テニス、ケルバーや大坂らが出場 9月の東レ女子

 ウィンブルドン選手権の女子シングルスで初優勝したアンゲリク・ケルバー=7月14日、ウィンブルドン(共同)

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン(9月17~23日・アリーナ立川立飛)の主催者は17日、エントリー選手を発表し、ウィンブルドン選手権女王で世界ランキング4位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)や同3位のスローン・スティーブンス(米国)の出場が決まった。

 日本勢では世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)の出場が既に決まっており、奈良くるみ(安藤証券)は主催者推薦で出る。

 世界ランク5位のキャロリン・ガルシア(フランス)、同8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)、9位のガルビネ・ムグルサ(スペイン)も名を連ね、トップ10のうち5選手が出場する。

共同通信社 2018年8月17日 無断転載禁止