ソフトBのデスパイネ登録外れる 右膝の軽い炎症

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手が17日、福岡市内の病院で右膝の軽い炎症と診断され、出場選手登録を外れた。再登録できるのは27日以降。

 16日に主将の内川が体調不良で戦線離脱したばかりで、チームにとって痛い。工藤監督は「無理をさせるわけにはいかない。まだ先がある」と話した。今後はリハビリ組に合流し、最短の復帰を目指す。

 昨季に本塁打、打点の2冠王となったキューバ出身のデスパイネは、今季ここまで99試合出場で打率2割3分8厘、25本塁打、62打点。

共同通信社 2018年8月17日 無断転載禁止