故人思う「風の電話」交換、岩手 寄付募りアルミ製に

 アルミ製に交換される電話ボックス「風の電話」=18日午前、岩手県大槌町

 東日本大震災の遺族が犠牲者に思いを伝え、しのぶ場所として岩手県大槌町に設置された木製の電話ボックス「風の電話」が18日、老朽化のため、全国からの寄付金でアルミ製に交換された。

 風の電話は海を眺められる高台にあり、ボックス内には、つながっていない黒電話が置かれている。亡くなった大切な人に電話で語り掛け、心を通じ合わせてほしいとの思いを込めて、佐々木格さん(73)が自宅庭園に設置した。

 2015年に強風で倒れてガラスが割れるなど大破し、地元の大工らが修理。だが、一部が腐食して再び倒壊する恐れがあったため、佐々木さんが寄付を募り、約100万円が集まった。

共同通信社 2018年8月18日 無断転載禁止