県珠算大会優勝者 中国大会活躍誓う 大田市役所を訪問

大田市役所で県珠算選手権大会での成績などを報告する優勝者たち
 第61回県珠算選手権大会(7月、松江市)で優勝した大田市内の5人が17日、同市大田町の市役所を表敬訪問し、楫野弘和市長に成績を報告した。また、19日に米子市で開かれる中国大会への意気込みを語った。

 訪れたのは、いずれも門田塾(大田市大田町)に通う三井堅心さん(13)=大田第二中1年、三谷紗さん(11)=大田小5年、杉谷優衣さん(10)=同4年、中島悠斗さん(11)=同6年=と、同塾で指導を行う橋坂唯さん(20)。

 三井さんは中学校の部、児童3人は小学校の部で団体総合優勝を飾り、橋坂さんは高校・一般の部で団体と個人の両方で総合優勝を果たし、「そろばん島根県一」の称号を手にした。

 5人は優勝カップや優勝旗を手に来庁。三井さんは「練習の成果が出せるよう精いっぱい頑張りたい」、橋坂さんは「お世話になっている方に恩返しできるよう、力を発揮してきたい」と決意表明した。

2018年8月18日 無断転載禁止