日大三3―2下関国際 日大三が八回に逆転

 下関国際―日大三 8回裏日大三無死二、三塁、代打高木が中前に同点の2点打を放つ。捕手品川=甲子園

 日大三が0―2の八回に逆転した。7番飯村から初球打ちの連打で攻め、代打高木の2点適時打で同点。さらに2死三塁で日置が一塁強襲の勝ち越し打を放った。七回まで1安打だったが、積極的な姿勢で劣勢を覆した。2番手の河村が7回1失点と好投した。

 下関国際は鶴田が六回まで安打を許さず、力投と堅守で主導権を握ったが、終盤に力尽きた。

共同通信社 2018年8月18日 無断転載禁止